ŠŤASTNÝ SŮ〈シュチャストニースー〉 は、
国内のテキスタイル工場と連携し、オリジナルの素材を開発。
様々な民族衣装とヴィンテージの衣服をベースに、
現代的な視点と新たなテクノロジーを加え、
今を生きる人に快適な日常着をつくります。

ブランド名は、デザイナーがその紋様や色彩、文学、習俗などに
共感を抱いたケルトに由来。
古代ケルト発祥の地のひとつと言われるボヘミアが、
現在のチェコにあったことから、
チェコ語で幸福を意味する「ŠŤASTNÝ」と
チェコの女性の固有名詞「SŮ」を組み合わせ、
作る人と着る人が、幸せな気持ちになるという願いを込めています。

ブランド名は、デザイナーがその紋様や色彩、
文学、習俗などに共感を抱いたケルトに由来。
古代ケルト発祥の地のひとつと言われるボヘミアが、
現在のチェコにあったことから、
チェコ語で幸福を意味する「ŠŤASTNÝ」と
チェコの女性の固有名詞「SŮ」を組み合わせ、
作る人と着る人が、幸せな気持ちになるという
願いを込めています。

MAKE & MATERIALS

ŠŤASTNÝ SŮ〈シュチャストニースー〉 は、
ローカルな生産方法で不要なエネルギー消費を抑えることと
環境に優しく長く使えるものづくりによって、
持続可能な生産を実現しています。

2016年、立川市にアトリエを構えてから、
製造工程の移動にかかるCO2を削減するため
開発、デザイン、製造までを関東近郊で行なっています。
また、テキスタイルの繊維は、環境に優しい天然繊維や再生繊維を使い、
肌触りや着心地のよい良質な生地に仕上げています。

2016年、立川市にアトリエを構えてから、
製造工程の移動にかかるCO2を削減するため
開発、デザイン、製造までを関東近郊で行なっています。
また、テキスタイルの繊維は、
環境に優しい天然繊維や再生繊維を使い、
肌触りや着心地のよい良質な生地に仕上げています。

EMBROIDERY

刺繍工場は、神奈川県の駅からバスで40分ほどの山の中。
緑が深く綺麗な川が流れ、釣り人も散見されます。
そんな豊かな環境で、職人が針の運びを丁寧にひとつひとつプログラムし、
手刺繍のような風合いをつくり出しています。

刺繍工場は、神奈川県の駅からバスで40分ほどの山の中。
緑が深く綺麗な川が流れ、釣り人も散見されます。
そんな豊かな環境で、職人が針の運びを
丁寧にひとつひとつプログラムし、
手刺繍のような風合いをつくり出しています。

JACQUARD

埼玉県の工場で製作。
縦糸と横糸、テキスタイルを構成する糸をひとつひとつ厳選。
糸同士の調和を大切にし、少ない生産であっても、
4000本から12000本の縦糸を通すことから始めています。

RAYON

木材パルプを原料とした再生繊維を採用しています。
レーヨンならではの厚みのあるドレープ性が特長。
現在の衣料品では、わずかしか使われていませんが、
その表情がとてもエレガントなことから、
私たちは好んで使用しています。

MODAL

持続可能な方法で育てられたブナの木からなる再生繊維を使用。
この繊維の製造工程ではCO2排出量を管理し、
環境への負荷を抑えています。
風合いは、とても滑らかで柔らかく繊細。
肌触りの良い仕上がりになります。

持続可能な方法で育てられた
ブナの木からなる再生繊維を使用。
この繊維の製造工程ではCO2排出量を管理し、
環境への負荷を抑えています。
風合いは、とても滑らかで柔らかく繊細。
肌触りの良い仕上がりになります。

LYOCELL

環境のことを考え、計画植林されたユーカリの木材を使用した再生繊維。
クローズ型生産により、使用された溶剤のほぼ100%が回収、再利用され、
工場の外に排出されない方法で生産されます。
性質は、柔らかい肌触りで光沢とドレープ性があり、
高い耐久性も持ち合わせており、家庭での洗濯の影響も少ない素材です。

環境のことを考え、計画植林された
ユーカリの木材を使用した再生繊維。
クローズ型生産により、使用された
溶剤のほぼ100%が回収、再利用され、
工場の外に排出されない方法で生産されます。
性質は、柔らかい肌触りで光沢とドレープ性があり、
高い耐久性も持ち合わせており、
家庭での洗濯の影響も少ない素材です。

ACETATE

木材パルプ、コットンリンター、酢酸を原料とした半合成繊維。
半合成繊維でありながら植物由来のため、
自然界で生分解される環境に優しい素材です。
衣料品にはあまり使用されませんが、
独特の光沢と、とても繊細な印象を持つことから、
テキスタイルの素材として使用しています。

木材パルプ、コットンリンター、
酢酸を原料とした半合成繊維。
半合成繊維でありながら植物由来のため、
自然界で生分解される環境に優しい素材です。
衣料品にはあまり使用されませんが、
独特の光沢と、とても繊細な印象を持つことから、
テキスタイルの素材として使用しています。

CUPURA

コットンリンター(綿になる繊維をとった後に残るもの)
を原料とした再生繊維。
しなやかで光沢と耐久性があり、
主にジャケットやコートの裏地として使用しています。

SEWING

東京都内の工場で縫製。
ŠŤASTNÝ SŮ 〈シュチャストニースー〉の技術スタッフと
細かなステッチの針数や生地、デザインにあった仕様など、
わずかなディテイルに至るまで丁寧に話し合います。
そうすることで、美しく長持ちする衣服の生産を可能にしています。

東京都内の工場で縫製。
ŠŤASTNÝ SŮ 〈シュチャストニースー〉の技術スタッフと
細かなステッチの針数や生地、デザインにあった仕様など、
わずかなディテイルに至るまで丁寧に話し合います。
そうすることで、美しく長持ちする
衣服の生産を可能にしています。